バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

シューマンとメンデルスゾーンによるピアノ伴奏付

ヴァイオリン:桐山 建志

フォルテピアノ:小倉貴久子

 

収録曲:

[Disc 1]

パルティータより〔メンデルスゾーンによるピアノ伴奏付〕

プレリュード〈パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006より〉

シャコンヌ〈パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004より〉

ソナタ〔シューマンによるピアノ伴奏付〕

ソナタ 第1番 ト短調 BWV1001

ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003

ソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005

[Disc2]

パルティータ〔シューマンによるピアノ伴奏付〕

パルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002

パルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004

パルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006

使用フォルテピアノ:J.B.シュトライヒャー 1845年製 ウィーン

録音:2019年6月 コピスみよし 発売:2020年3月

製造・発売元:コジマ録音

解説:桐山 建志、星野 宏美

LMCD-9204, 9205(2枚組) 3,740円(税込価格)

下記申し込みフォームよりCDをお買い求めいただけます。ネットショップご利用の方へをお読みになってから手続きに入ってください。

CD:バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ〔シューマンとメンデルスゾーンによるピアノ伴奏付〕

LMCD-9204, 9205〔2枚組〕(枚数はカートの中でご指定ください。小倉貴久子のサインを希望の方はカート内のメッセージ欄にてお知らせください。)

¥3,740

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

19世紀のバッハ像が、現代のバッハ演奏にさらなる奥行きを生んだ

1840年、作曲から120年を経たバッハの無伴奏〈プレリュード〉と〈シャコンヌ〉が、メンデルスゾーンによる伴奏付きで蘇演された。これに感銘を受けたシューマンは全6曲の伴奏付けを1853年に完成。「無伴奏」に慣れた耳には新鮮な和声や強弱が書かれた伴奏譜に桐山・小倉デュオは純粋に向き合い、無伴奏で弾く際とは解釈とテンポを変え独自の曲想を作る。19世紀のロマンティックなバッハ像は、現代の演奏や聴き方にも新たな視点をもたらすだろう。