浜松市楽器博物館 コレクションシリーズ9 ショパン ピアノ協奏曲第1番 室内楽版(プレイエル・ピアノ)

フォルテピアノ:小倉貴久子

ヴァイオリン:桐山建志、白井 圭 ヴィオラ:長岡聡季 チェロ:花崎 薫 コントラバス:小室昌広

 

収録曲:

フレデリク・ショパン (1810-49):

ピアノ三重奏曲 ト短調 作品8

ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11

[ボーナストラック]練習曲 作品10-3 ホ長調「別れの曲」小倉貴久子による六重奏版

使用ピアノ:I.プレイエル 1830年

録音:2006年2月 アクトシティ浜松音楽工房ホール 発売:2006年11月

企画・制作:浜松市楽器博物館 協力:静岡文化芸術大学

録音・製作:コジマ録音

解説:平野 昭、小岩信治 English text included.

*古楽器、ライブ録音のため多少のノイズがあります。

LMCD-1828 3,045円(税込価格)

下記申し込みフォームよりCDをお買い求めいただけます。

CD:浜松市楽器博物館 コレクションシリーズ9 ショパン ピアノ協奏曲第1番 室内楽版(プレイエル・ピアノ)

LMCD-1828(枚数はカートの中でご指定ください。小倉貴久子のサインを希望の方はカート内のメッセージ欄にてお知らせください。)

¥3,045

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

[アルバムに寄せて 小倉貴久子]

 ショパンのピアノ曲、それらは多くの人々に愛聴されている魅惑的な音の詩集です。このアルバムにはショパンのつくった数少ない室内楽と、ピアノ協奏曲の室内楽版を収録しました。

 ピアニストにとっては重要な作曲家であるのに、他の楽器の奏者にとってはほとんど縁がないショパン。「ショパンはオーケストラのことをよく分かっていなかった・・・」という話まで伝わってきます。しかし、ショパンの愛したプレイエルと弦楽器の相性のなんとよいことでしょう。

 ショパンはアンサンブル音楽においても天才的なひらめきと独自の美学をもっていたことに気づかされます。今回の共演した弦楽器の名手たちも、「こんなショパンのメッセージがあったのか!」と熱く語っていました。

 私的な空間で楽しまれていた室内楽。サロンに同席しているような、そんな気分で味わっていただけたらと思います。