【シリーズコンサート 最終回】

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》

ファイナル《第40回》記念公演 〜クラヴィーアコンチェルト〜

「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」には毎回、モーツァルトと関わりのある作曲家等をひとりずつゲストとして迎えます。 モーツァルトとゲスト作曲家のクラヴィーアのソロ作品、またピリオド楽器奏者と共にお届けする室内楽、連弾、歌曲などなど、お話を交えながらのコンサートです。 シリーズ最終回はいつもの近江楽堂から第一生命ホールに移って、クラヴィーアコンチェルトで盛り上がります!

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》第40回

《第40回》

2019年12月7日(土)午後2時開演(開場1:30)

第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内)

シリーズ完結《第40回》公演は終了しました! 

〔ゲスト作曲家〕L.v.ベートーヴェン Ludwig van Beethoven [1770-1827]

小倉貴久子(クラヴィーア)

☆ピリオド楽器使用室内オーケストラ☆

若松夏美、荒木優子、山内彩香、原田 陽、廣海史帆、

天野寿彦(ヴァイオリン)、成田 寛、丸山 韶(ヴィオラ)

山本 徹、島根朋史(チェロ)・西澤誠治(コントラバス)

前田りり子(フルート)・三宮正満、森 綾香(オーボエ)

満江菜穂子、渋谷圭祐(クラリネット)・堂阪清高、永谷陽子(ファゴット)

塚田 聡、大森啓史(ホルン)・川田修一、霧生貴之(トランペット)・井手上 達(ティンパニ)

L.v.ベートーヴェン:

ポロネーズ ハ長調 作品89

クラヴィーアコンチェルト 第4番 ト長調 作品58

W.A.モーツァルト:

〈ロンドンのスケッチブック〉より小品 変ホ長調 K.15cc

ロンド ニ長調 K.382

クラヴィーアコンチェルト 第20番 ニ短調 K.466

コンサートの聴きどころ

《第40回》L.v.ベートーヴェン

 ベートーヴェン、ウィーン登壇の1792年、モーツァルトはこの世にありませんでした。死後急速にモーツァルトが神聖化されてゆくウィーンで、ベートーヴェンは「ハイドンの手からモーツァルトの精神を」(ヴァルトシュタイン伯爵の言葉)受け取るべく修行を始めます。ベートーヴェンの初期作品にはモーツァルトの影響が色濃く、それらは形式を超え精神的内面へと及んでいます。名声を得て、英雄的情調の際立つ中期に入ると、古典的作風の枠を超えて、個性際立つ峻厳なベートーヴェン孤高の世界が描かれるようになります。しかしそんな挑戦的な創作時代の中にあっても、ロマンティストの面が垣間見られ、やわらかな旋律や均整美が心を打ちます。コンチェルト第4番は優しさ、即興的な軽快さとユートピアの世界に溢れ、モーツァルトから受け継がれたミューズの微笑みが詰まっている作品のように思います。

 モーツァルトの作品からは心踊るロンドと、ベートーヴェンお気に入りの(彼自身によるカデンツが残されている)ドラマティックな第20番のコンチェルトをお届けします。

 モーツァルトとベートーヴェン、古典派金字塔のふたりの充実のコンチェルトで、シリーズ最終回を華やかに閉幕します。


第40回公演の使用楽器:Klavier made by Johann Baptist Streicher [1845]


会場/第一生命ホール

(晴海トリトンスクエア内)詳細

〒104-0053 東京都中央区晴海1-8-9 晴海トリトンスクエア内

トリトンアーツ共催公演

日本モーツァルト愛好会 第482回例会

共催:認定NPO法人トリトン・アーツ・ネットワーク/第一生命ホール

助成:公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団

   公益財団法人 朝日新聞文化財団

後援:日本モーツァルト愛好会/東京藝術大学音楽学部同声会

   日本モーツァルト協会/(一社)全日本ピアノ指導者協会

協力:松木アートオフィス、KiKla

〔第40回公演報告〕

シリーズコンサート ・小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》の最終回となった第40回記念公演。たくさんのお客様にいらしていただき開催することが出来ました。オーケストラのみなさまには一致団結して支えていただき、感謝感激です!2012年3月から8年間かけて、モーツァルトの部屋を40回催してきました。モーツァルトとモーツァルトに関連ある作曲家をゲストに、たくさんの演奏家の方々にもご登場いただいた各々の素敵なシーンを回想しています。小倉貴久子自身、様々な経験が出来てかけがえのない宝となりました。本当にありがとうございました!