小倉貴久子 特別講座

フォルテピアノの特性を踏まえた

古典派ピアノ曲の演奏法

〜現代ピアノで「らしく」弾くためのヒント〜  特別企画!当時の楽器を使用して

 ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの古典派ピアノ曲が作曲された当時のピアノ(フォルテピアノ )は、現代ピアノとは違ったしくみを持っています。どのような違いがあるのでしょうか。また、これらの作品を現代ピアノで演奏する際、フォルテピアノ の特性をどう活かしたらよいでしょうか。そして、古典派時代にみられた特有の奏法とは?

 フォルテピアノの第一人者が、現代ピアノの実演などを交えながら伝授します。

*クラヴィコード:ニコラ・パラッチー(ローマ 1776年)*バルトロメーオ・クリストーフォリ(フィレンツェ 1726年の復元楽器)1999年山本宣夫復元*マテーウス・シュタイン(伝)(ウィーン ca.1820年)*ジョン・ブロードウッド(ロンドン 1816年)スクエアータイプ*ジョン・ブロードウッド:(ロンドン 1821年)*ヨハン・シュバイクホーファー(ウィーン 1845年)*プレイエル(パリ 1846年)*シュトライヒャー&サンズ(ウィーン 1861年)*エラール(ロンドン 1851年)*スタインウェイ(ニューヨーク 1885年)*ベーゼンドルファー(ウィーン 1903年)

《講座内容》

◆作曲家がイメージしたのは「この楽器」での演奏だった!

 フォルテピアノの特徴

◆古典派ピアノ作品を弾く・教える前に知っておきたい

 古典派時代特有の奏法

◆演奏のレベルと説得力がアップする

 フォルテピアノ の特徴を現代ピアノでの演奏に活かす工夫

 

 「ここってどう弾くべき?」のお悩みが解決するかもしれません!


●日時 2019年11月10日(日)

12:30 開場 / 13:00〜14:00 講座

14:30〜(お一人15分 定員6名)公開レッスンと聴講

16:00〜17:00 山本宣夫氏によるレクチャー

「究極のオーディオシステムで蘇る珠玉のピアノの音色」

(フォルテピアノ  ヤマモトコレクション 代表/フォルテピアノ修復家

 

●会場 スペース クリストーフォリ堺

〒599-8126 堺市東区大美野119-12

 

●受講料(税込)15,000円 公開レッスン3,000円

*公開レッスン受講者は講座受講料とレッスン料を合わせた金額になります。

*公開レッスンのみの受講はできません。

 

●教材 「フォルテピアノ から知る古典派ピアノ曲の奏法」(音楽之友社)*当日会場でも販売いたします。

 

●お問合わせ・お申込み先 ぽこあぽこピアノ教室

http://www.pocoapoco-piano.com

TEL : 090-3038-5515

メールアドレス:pocoapocopiano3@gmail.com

主催:ぽこあぽこピアノ教室 担当:中西美江

*当ページの情報は小倉貴久子特別講座のチラシの情報を転載したものです。メヌエット・デア・フリューゲルではこのコンサートについてのお問い合わせ等に応じておりません。