日本モーツァルト協会

2020年第621回例会(2020/9/24)

《いま蘇る18世紀の響き》

2020年9月24日(木)18:45開演(18:15開場)

東京文化会館小ホール

W.A.モーツァルト

▶ピアノ協奏曲 第3番 ニ長調 K40

 Klavierkonzert in D K40

▶ピアノ協奏曲 第16番 ニ長調 K451

 Klavierkonzert in D K451

▶ホルン協奏曲 第1番 ニ長調 K412+K514

 Hornkonzert in D K412+K514

▶ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K467

 Klavierkonzert in C K467

小倉貴久子(フォルテピアノ)

塚田 聡(ナチュラルホルン)

・ピリオド楽器使用室内オーケストラ

ヴァイオリン 若松夏美 荒木優子 原田 陽 廣海史帆 天野寿彦 山内彩香

ヴィオラ 丸山 韶 佐々木梨花

チェロ 島根朋史

コントラバス 西澤誠治

フルート 前田りり子

オーボエ 三宮正満 荒井 豪

ファゴット 岡本正之 鈴木 禎

ホルン 大森啓史 藤田麻理絵

トランペット 川田修一 大西敏幸

ティンパニ 塩田拓郎

塚田 聡(ナチュラルホルン)

 東京藝術大学卒業。アムステルダム音楽院に学ぶ。留学時にC.モーリー氏にナチュラルホルンを、K.ヒュンテラー氏にフラウト・トラヴェルソを師事するなど古典派音楽への造詣を深める。その10年後に文化庁在外研修生として再度渡欧、T.ファン・デア・ツヴァルト氏にナチュラルホルンを師事する。

 現在、東京フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者として、またバッハ・コレギウム・ジャパンなど、国内のオリジナル楽器アンサンブルに参加活躍している。浜松市楽器博物館コレクションシリーズCD、No.18「ナチュラルホルン」およびNo.48「森の響き〜ブラームス:ホルントリオ」をリリース。モーツァルト時代のディヴェルティメントをメインレパートリーとする室内合奏団「ラ・バンド・サンパ」を主宰。「ナチュラルホルン・アンサンブル東京」のメンバー。

例会チケット

前売券(臨時会員券):全自由席 6,000円

(学生2,000円) 

※発売未定

注意事項

【新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、皆様にご理解とご協力をお願い申し上げます】

※ 開場時に検温を行います。37.5度以上の発熱がある方は入場をお断りいたします。

※ 発熱、咳やくしゃみ、喉の痛みなど体調に不安がある方は来場をご遠慮ください。

※ 会場内ではマスクの着用とこまめな手洗いやアルコール消毒をお願いいたします。

※ 本公演は新型コロナウイルスの影響により中止または延期となる場合がございますので、ご了承ください。

※ やむを得ない事情により出演者・曲目を変更する場合がございます。ご了承ください。

※ 10歳以下の方の入場はご遠慮ください。
※ 会場での無断撮影、録音は固くお断りいたします。

*当ページの情報は「日本モーツァルト協会」のホームページより当公演の情報全文を転載したものです。メヌエット・デア・フリューゲルではチケットの販売やお問い合わせに応じておりません。