ヒンデミット:ヴァイオリン&ヴィオラ・ソナタ集 作品11 他

ヴァイオリン、ヴィオラ、ヴィオラ・ダモーレ:桐山 建志

ピアノ:小倉貴久子

 

収録曲:

P.ヒンデミット (1895-1963):

ヴァイオリン・ソナタ 変ホ調 作品11-1

無伴奏ヴィオラ・ソナタ 作品11-5

ヴィオラ・ソナタ 作品11-4

ヴィオラ・ダモーレ 小ソナタ 作品 25-2

無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ト短調 作品11-6

ヴァイオリン・ソナタ ニ調 作品11-2

使用ピアノ:C. Bechstein 1913 Berlin

録音:2013年10月29日 東京文化会館(ライブレコーディング) 発売:2014年2月

解説:桐山 建志 

MEISTER MUSIC MM-2173-74(2枚組) 3,790円(税抜定価)、3,980円(税込価格)

下記申し込みフォームよりCDをお買い求めいただけます。

CD:ヒンデミット:ヴァイオリン&ヴィオラ・ソナタ集 作品11 他

MEISTER MUSIC MM-2173-74〔2枚組〕(枚数はカートの中でご指定ください。小倉貴久子のサインを希望の方はカート内のメッセージ欄にてお知らせください。)

¥3,790

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

このディスクは朝日新聞"for your Collection"で推薦盤、読売新聞「サウンズBOX」で推薦盤として紹介されました。

端正かつ洗練された演奏が、甘美で色彩豊かなヒンデミットの音世界へ聴き手をいざなう.....ヴァイオリン、ヴィオラそしてヴィオラ・ダモーレのソナタを(3種類の楽器を持ち替えて)収録した、大変興味深いプログラム。今回のために特別に用意された、100年前のピアノ、ベヒシュタインの響きも効果的で、他では出会えない、貴重なアルバムです。

ヒンデミットの室内楽曲といえば、どこか無機的な印象を持つ人が多いはず。ところが桐山建志と小倉貴久子の演奏は、すみずみまで血が通ったヒューマンなもの。この作曲家のイメージを一新することうけあいだ。(読売新聞2013年3月20日夕刊「サウンズBOX クラシック」)