浜松市楽器博物館 コレクションシリーズ57 スコットランドのブルーベル

竹内太郎(ハープリュート/キタッラ・バテンテ)

野々下由香里(ソプラノ)

小倉貴久子(スクエアピアノ)*一部参加

 

収録曲:

ヘンリー・デンマン:モルペス・ラント*

ルドルフ・シュトラウベ:ハープギターのための組曲

W.A.モーツァルト(エドワード・ライト編):ハープリュートとピアノのためのデュエット*

ジュージ・キアルマーク:ハープリュートギターのための組曲*

F.J.ハイドン:アンダンテ、キタッラ・バテンテのための組曲

トーマス・ボルトン:インペリアル・ハープリュートのための組曲

使用スクエアピアノ:ブロードウッド&サンズ、ロンドン、1808〜1820

[録音]2018年6月 浜松市楽器博物館 [発売]2019年10月

[ブックレット]解説:竹内太郎、Booklet in English enclosed 全18ページ

ALM Records ALCD-2093 3,132円(税込価格)

下記申し込みフォームよりCDをお買い求めいただけます。

CD:浜松市楽器博物館コレクションシリーズ57 スコットランドのブルーベル

ALM Records ALCD-2093(枚数はカートの中でご指定ください。小倉貴久子のサインを希望の方はカート内のメッセージ欄にてお知らせください。)

¥3,132

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

スコットランドのブルーベル

ハープリュートとキタッラ・バテンテの音楽

19世紀初めにロンドンで製作されたハイブリット楽器ハープギター、ハープリュートギター、インペリアル・ハープリュートの世界初アルバム。金属弦のキタッラ・バテンテも収録。古の音楽の美しさと愉しみがここにある

 

このアルバムではハープリュートとキタッラ・バテンテを録音した。どちらも一世を風靡した楽器だが、現在では各地の博物館にその特異な姿を見せるのみになっている。ハープリュートはルネサンス/バロック時代のリュートとは異なり単弦のガットが張られ、音色は精妙な陰影とくっきりとした輪郭を併せ持つ。金属弦のキタッラ・バテンテは豊かなニュアンスと長い共鳴がその持ち味だ。どちらも指に優しく響きは奏者を包み込みようで、弾いていてこんなに愉しい楽器はない。(竹内太郎ライナーノーツより)