シリーズコンサート

小倉貴久子《フォルテピアノの世界》第5回

小倉貴久子のシリーズコンサート《フォルテピアノの世界》

さまざまな時代や地域で生まれた作品を、当時のフォルテピアノで楽しいトークとともにお届けします!

エラール ・ピアノで聴くドビュッシー

2022年2月4日(金)

午後5時開演(16:20開場)

豊洲文化センター ホール

クロード・ドビュッシー Claude Debussy 1862-1918:

〔ピアノソロ〕〈ベルガマスク組曲〉 喜びの島 夢 〈ピアノのために〉

〔歌曲〕星の夜 〈二つのロマンス〉 マンドリン 月の光 〈忘れられし小唄〉より

〔連弾〕〈4手のための小組曲〉

フォルテピアノ:小倉貴久子

ソプラノ:野々下由香里

フォルテピアノ連弾:羽賀 美歩

使用楽器:エラール  Erard(1890年 パリ)85鍵 所蔵・修復:ナトリピアノ社

全席自由 4,500円 U-25 2,500円

*U-25は、25歳以下限定のチケットです。入場時に生年月日がわかるもの(保険証・学生証など)をご提示ください。

*未就学児の入場はご遠慮ください。

当公演のチケットは第4回公演(2021年9月30日開催)のロビーで先行発売!

先行発売に限り500円引きでチケットをお買い求めいただけます。

チケット好評発売中!

《フォルテピアノの世界》第4回リーフレットの裏面で開演時刻を19時とアナウンスしておりましたが午後5時(17時)開演に変更しました。コロナ禍の中、夜間の会場の使用が制限される可能性があるため開演時刻を早めました。

[新型コロナウイルス感染予防対策について]

当公演では、市松模様状に着座可能席を設け、会場定員(300名)の半数以下の定員で開催します。

当公演は会場のガイドラインに沿って開催します。感染症予防対策についてはこちらのページをご覧ください。

・チケット発売・お問い合せ

メヌエット・デア・フリューゲル(主催)Tel: 048-688-4921  Mail: mdf-ks@piano.zaq.jp

下記申し込みフォームよりお申し込みください。

・チケット発売

イープラス eplus.jp

一般券:小倉貴久子《フォルテピアノの世界》第5回

全自由席。チケット枚数はカートの中で選択してください。

¥4,500

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

U-25券:小倉貴久子《フォルテピアノの世界》第5回

全自由席。U-25券は25歳以下限定のチケットです。枚数はカートの中で選択してください。

¥2,500

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

豊洲文化センター ホール(5階)

〒135-0061 東京都江東区豊洲2-2-18

Tel.03-3556-5061

東京メトロ有楽町駅「豊洲」駅7番出口より徒歩2分

新交通ゆりかもめ「豊洲」駅 改札フロア直結

www.kcf.or.jp/toyosu/

助成:野村財団

後援:一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)/東京藝術大学音楽学部同声会


 「ピアノにそっと触れ、ビロードのようなタッチで美しい鼻声でささやくように歌いながら演奏した」と伝えられているドビュッシーのピアノ演奏。ドビュッシーが学んでいたパリ音楽院には数多くのエラールがあり、そのピアノでコンサートやレッスンが行われていました。今回登場するエラールは〈ベルガマスク組曲〉が作曲された1890年にパリで製作された楽器です。1821年頃に連打が容易になるダブル・エスケープメントを発明した先進的なエラールですが、19世紀中頃にスタインウェイ社などが開発した交差弦や鋳型金属製フレームの採用には、音色を損なうという理由で否定的でした。エラール社は20世紀になっても、数本の鉄柱のみで木製のフレームを支え、低音から高音域にかけて弦を平行に張る、伝統的なピアノの製法・音色にこだわりつづけました。

幼い頃、詩人ヴェルレーヌの義母であるモテ夫人にピアノのレッスンを受けていたドビュッシー。それまでの音楽の形式や和声にとらわれない独自の音楽の世界を切り開き、色彩感や詩的ニュアンスに彩られた作品を生み出しました。ヴェルレーヌの詩集〈艶なる宴 Fêtes Galantes〉に大きな影響を受けていたドビュッシーの心の世界を、当時のエラール・ピアノで描きます。ソロ、歌曲、連弾に誘われる、雅なる夕暮れ時をお楽しみいただきます。


野々下由香里 ソプラノ

東京藝術大学大学院修了。関西フランス音楽コンクール、第4回日仏声楽コンクールともに第1位入賞。パリ・エコール・ノルマル音楽院留学中の‘89年「フィガロの結婚」ケルビーノ役でレンヌ歌劇場にデビュー。ナント、リオ・デ・ジャネイロ等国際声楽コンクールに入賞。バッハ・コレギウム・ジャパンのソリストとして国内外の公演に参加。北とぴあ国際音楽祭のバロックオペラに参加。録音は25点を超えるBCJとのCDをはじめ「月の光~エラールピアノとフランスのうた~(ピアノ:小倉貴久子)」などがある。東京藝術大学古楽科教授、お茶の水女子大学講師。フランス音楽コンクール審査員。

羽賀 美歩 フォルテピアノ連弾

東京藝術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程古楽科フォルテピアノ専攻修了。第21回奏楽堂日本歌曲コンクールにて優秀共演者賞を受賞。2011年、オーストリア・クレムスエッグ城国際フォルテピアノコンクール第2位。2013年、ベルギー・ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門で第3位。

現在は古楽器フォルテピアノ奏者として、また器楽や声楽の伴奏ピアニストとして幅広く活動している。


〔動画〕CD 美しいアップライトピアノ 〜連弾の悦び〜(小倉貴久子・羽賀美歩)

よりTrack No.2 C.ドビュッシー:4手のための小組曲より〈行列〉