〔予告〕

シリーズコンサート

小倉貴久子《フォルテピアノの世界》第4回

小倉貴久子のシリーズコンサート《フォルテピアノの世界》

さまざまな時代や地域で生まれた作品を当時の鍵盤楽器とともにお届けします!

ピアノトリオ(ベートーヴェン&シューベルト)Il trio d'oro

2021年9月30日(木)

19時開演(18:20開場)

五反田文化センター 音楽ホール

L.v.ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97《大公》

F.シューベルト:ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 作品99 D898

フォルテピアノ:小倉貴久子

ヴァイオリン:若松 夏美

チェロ:鈴木 秀美

使用楽器:J.ハービッヒ Joa. Harbich(1835年頃・ウィーン)80鍵/CC~g'''' 太田垣 至 修復

当公演のチケットは第3回公演(2021年6月25日開催)のロビーで先行発売!

先行発売に限り500円引きでチケットをお買い求めいただけます。

一般発売は6月26日より開始します。


 第4回公演に登場するフォルテピアノは、1835年頃にウィーンで製作されたハービッヒ。金属の支柱など一切使われていない木製のケースのフォルテピアノは、当時の弦楽器との音色の融合が美しく、アンサンブルにおいて特別な音響を愉しむことができます。世界のピリオド楽器演奏シーンの先達、若松夏美、鈴木秀美との黄金のピアノトリオで、珠玉の名作、ベートーヴェン《大公》とシューベルトのトリオをお届けします。