浜松市楽器博物館 コレクションシリーズ27 シューベルティアーデ 〜ピアノ五重奏曲〈ます〉〜

フランツ・シューベルト 1797〜1828

マーシャル・フォルテピアノによる

フォルテピアノ:小倉貴久子

テノール:畑 儀文

ヴァイオリン:桐山建志、ヴィオラ:長岡聡季、チェロ:花崎 薫、コントラバス:笠原勝二

 

収録曲:

F.シューベルト:

《音楽に寄す》D547、《ます》D550、《きみは憩い》D776、《魔王》D328

ピアノソナタ イ長調 D664

ピアノ五重奏曲 イ長調 D667 作品114《ます》

使用ピアノ:G.マーシャル ウィーン 1808年頃 はね上げ式

録音:2010年6月12日〜15日 アクトシティ浜松音楽工房ホール

発売:2010年11月

企画・制作:浜松市楽器博物館

録音・製作:コジマ録音

解説:長岡聡季、歌詞対訳:喜多尾道冬

LMCD-1921 3,045円(税込価格)

CD:浜松市楽器博物館 コレクションシリーズ27 シューベルティアーデ 〜ピアノ五重奏曲〈ます〉〜

LMCD-1921(枚数はカートの中でご指定ください。小倉貴久子のサインを希望の方はカート内のメッセージ欄にてお知らせください。)

¥3,045

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

ピアノを弾くシューベルトを友人たちが囲み、歌を歌い、室内楽を楽しみ、詩を朗読したりダンスをしたり・・・シューベルトの生前、そのような素敵な時間が数多くもたれていました。友人たちはこの「夢のような時」を「シューベルティアーデ」と呼んで、人生でもっとも美しい時間として大切にしていました。・・・マーシャル製作のピアノは、大ホールで伝わるような音量はありません。しかし、心をゆるした仲間だけが集まるくつろいだ部屋の中で、愛すべき音色を奏でてくれる・・・そんな「シューベルティアーデ」を再現してくれました。

(小倉貴久子のライナーノーツより)