小倉貴久子 活動の記録

2019年

 □2月1日発刊

ショパン2月号

私にご褒美。ピアニストのためのボディメンテナンス~現役ピアニストのボディ・メンテナンス法!

◯1月27日 北とぴあ さくら

モーツァルティアーナ~小倉貴久子と巡るクラシックの旅

ピアノソロから室内楽、協奏曲まで目白押し!

共演者:モーツァルト・バースデー・オーケストラ(ヴァイオリン:若松夏美(コンサートマスター)、荒木優子、山内彩香、竹嶋祐子、廣海史帆、天野寿彦、ヴィオラ:成田 寛、丸山 韶、チェロ:山本 徹、コントラバス:西澤誠治、フルート:前田りり子、オーボエ:三宮正満、荒井 豪、クラリネット:満江菜穂子、渋谷圭祐、ファゴット:堂阪清高、永谷陽子、ホルン:塚田 聡、大森啓史

モーツァルト:ピアノソナタ第11番 イ長調 K.331より第3楽章「トルコ行進曲」、ロンド ニ長調 K.485、ピアノ四重奏曲 変ホ長調 K.493より第3楽章、ピアノと管楽器のための五重奏曲 変ホ長調 K.452より第1楽章、ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453より第3楽章、ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488

J.C.バッハ:五重奏曲 ニ長調 Op.11-6より第1楽章

 □2月8日 岩手日報

古楽器 弾く妙味(本県ゆかりフォルテピアノ奏者に聞く)

 ともに本県生まれで、フォルテピアノの師弟関係にある小倉貴久子さん(埼玉県さいたま市)と、川口成彦さん(オランダ・アムステルダム)。国内外で活躍する2人は昨年秋、師匠の小倉さんが音楽賞受賞、川口さんが国際コンクール入賞と相次いで栄誉に輝いた。現代ピアノの前身、フォルテピアノの可能性や古楽の妙味をそれぞれに聞いた。(聞き手は学芸部・藤田和明)

 

小倉貴久子さん(一関生まれ)「ピリオド楽器を生かし優れた作曲家と作品を紹介していく」と話す小倉貴久子さん(写真)=東京都

作曲家の息吹感じる

 一関市生まれの小倉貴久子さんは昨年11月、第48回JXTG音楽賞洋楽部門の奨励賞を受賞。古楽の観点から興味深いテーマを設けた演奏会や録音を通じ、作曲家と楽曲の新たな魅力を浮き彫りにした活動が高く評価された。

ー受賞した気持ちは。

 古楽器(ピリオド楽器)の一つフォルテピアノがまだ日本では知られないころから20年以上続く活動を見ていて、評価してくださったことに感謝している。もっと広く知ってもらえるチャンスが広がった。

ー作曲者が活躍したその時代(ピリオド)の楽器で弾く良さは何か。

 ショパンが愛したピアノ、例えばプレイエル社のピアノで弾くと作曲者からじかにレッスンを受けているような気持ちになる。(ショパンの時代と異なる)現代のピアノでは、もはや読み解けなくなっている曲そのものや演奏法についての情報が分かってきて、「こうだったのか」とかみ合う瞬間がある。それがたまらない。

ーふるさと本県への思いは。

 転勤のある親の仕事の関係で、生後半年ほどしか居なかったが、岩手には故郷的な思いがある。宮沢賢治に見る自然との接し方が血の中にある気がしている。

ー昨年の第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで、川口さんが第2位を獲得した。第1次審査突破を現地ポーランドのワルシャワで見届けた。

 東京芸大から指導している。川口さんは1年以上前から準備し、大変な緊張を強いられる場で素晴らしい演奏をしてくれた。

ー今後の予定は。

 シリーズコンサート「モーツァルトのクライーアのある部屋」に一区切りをつけ、19世紀末までを取り上げる「フォルテピアノの世界」シリーズを始める。新しい発見があるだろうと自分も楽しみにしている。

*JXTG音楽賞

1971年創設。66年創設の児童文化賞とともに、わが国の音楽文化、児童文化の向上に尽くした個人、団体を表彰する。音楽賞には邦楽と洋楽の2部門があり、それぞれ本賞を選出。洋楽部門には89年度から奨励賞を設けた。本県関係では2003年度に福井敬さん(奥州市出身)、13年度に小山実稚恵さん(盛岡市出身)が本賞を受賞している。モービル音楽賞、エクソンモービル音楽賞、東燃ゼネラル音楽賞と改称、現在に至る。

*川口成彦さんのインタビューと並んで掲載されました。

○2月14日 トッパンホール

オルケストル・アヴァン=ギャルド第1回公演

共演:オルケストル・アヴァン=ギャルド、渡辺祐介(指揮)、小倉貴久子(独奏)

L.v.ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15(バレエ音楽《プロメテウスの創造物》序曲 作品43、交響曲 第1番 ハ長調 作品21 )

◯2月23日 浜松市楽器博物館 天空ホール

浜松市楽器博物館友の会 第16回学芸員との夕べ

アルルの女 ~エラール・ピアノによる魅惑のビゼー ピアノ作品の夕べ~

使用楽器:エラール(1874年 パリ)

G.ビゼー :ノクターン ニ長調 1868年作曲、ラインの歌~6つの無言歌~より 1865年作曲、アルルの女 アルフォンス・ドデの3幕のドラマより作曲者自身によるピアノ版 1872年初演

◯3月5日 いずみホール(大阪)

いずみホール ランチタイム・コンサート 1820年代の楽器で月光ソナタを聴く

ナビゲーター:岡田 暁生

使用楽器:ナネッテ・シュトライヒャー

シューマン:謝肉祭 op.9より1.Preambule、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」op.27, No.2より第1、3楽章、シューベルト:4つの即興曲op.90, D899 第2番 変ホ長調、メンデルスゾーン:ロンド・カプリチオーソ ホ長調 Op.14、ウェーバー:舞踏への勧誘 op.65, J.260

 

◯3月9日 昭和音楽大学「スタジオ・ブリオ」

ピティナ会員 研修交流会 第6回アンサンブル パーク〈電子ピアノとレッスンの新しい関係へ〉講師

使用楽器:プレイエル(1830年)

〈楽器が変わると、弾き方はどう変わるのか〉

 

◯3月13日 一橋大学インテリジェントホール

シンポジウム「歴史的ピアノと音楽文化〜第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールをふりかえる」

パネリスト:小倉貴久子、太田垣至(鍵盤楽器製作)、松尾梨沙(音楽学)、川口成彦(フォルテピアノ奏者)、小岩信治(司会・音楽学)

使用楽器:プレイエル(1848年)

演奏曲目 ショパン:アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22、四手のためのムーアのアリアの主題による変奏曲、フンメル:四手のためのノクターン 作品99(共演:川口成彦)

 

◯3月17日 逗子文化プラザホール

ピティナ・ピアノステップ トークコンサート

ショパン:子犬のワルツ Op.64-1、アンダンテスピアナートと華麗な大ポロネーズ Op.22

 

◯3月21日 前橋市市民文化会館 小ホール

ピティナ・ピアノステップ トークコンサート

モーツァルト:ソナタ K.331 第3楽章「トルコ行進曲」、ショパン:バラード 第1番 Op.23

 

☆3月27日 近江楽堂

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》第36回 J.S.シュレーター

共演:渡邉さとみ(ヴァイオリン)、松永綾子(ヴァイオリン/ヴィオラ)、懸田貴嗣(チェロ)

J.S.シュレーター:ヴァイオリンとバスつきのクラヴィーアソナタ ニ長調 作品2-1/クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 作品4-5/コンチェルト ハ長調 作品3-3

W.A.モーツァルト:小品 ハ長調 K.15x/ディヴェルティメント(三重奏曲) 変ロ長調 K.254/

クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 K.301/四重奏曲 ト短調 K.478

 

◯4月14日 西方音楽館  木洩れ陽ホール

鈴木秀美&小倉貴久子 デュオコンサート(第4回西方音楽祭)

共演:鈴木秀美(チェロ)

L.v.ベートーヴェン:モーツァルトのオペラ《魔笛》から〈恋を知る殿方には〉によるクラヴィーアとチェロのための7つの変奏曲 変ホ長調 WoO46、チェロとクラヴィーアのためのソナタ ト短調 第2番 作品5-2
W.A.モーツァルト:パイジエッロのオペラ《哲学者気取り、または星占い師たち》から〈主よ、幸あれ〉による6つの変奏曲 へ長調 K.398、F.シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821

 

◯4月21日 東京文化会館 小ホール

日本モーツァルト協会2019年4月例会〈次世代のモーツァルト〉

共演:梶川真歩(フルート)、毛利文香(ヴァイオリン)

W.A.モーツァルト:フルートソナタ ト長調 K.11、へ長調 K.13、ハ長調 K.14、変ロ長調 K.15、ヴァイオリンソナタ 変ホ長調 K.481、変ロ長調 K.454

 

☆5月2日 近江楽堂

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》第37回 G.Ch.ヴァーゲンザイル

G.Ch.ヴァーゲンザイル:ヴァイオリン伴奏つきクラヴィーアソナタ ハ長調 作品2-3/ヴァイオリン伴奏つきクラヴィーアソナタ 変ロ長調 作品2-5/コンチェルト イ長調 WV330

モーツァルト:小品 ト長調 K.15y/ヴァイオリン伴奏つきクラヴィーアソナタ ト長調 K.9/オランダの歌「ヴィレム・ファン・ナッサウ」による7つの変奏曲 ニ長調 K.25/ヴァイオリンソナタ 変ロ長調 K.378

 

●5月16日 日本経済新聞 文化欄へ寄稿

文化 古楽ピアノ、響き今に ◇150年以上前の楽器演奏 作品生まれた時代の音再現◇ 小倉貴久子

詳細はこちらのページまで

 

●5月20日 ムジカノーヴァ6月号〔今月の一曲〕へ寄稿

演奏・指導法 当時のピアノと演奏習慣を知り あなただけのモーツァルトを目指しましょう