小倉貴久子 活動の記録

2020年

◯1月25日 浜松市楽器博物館

浜松市楽器博物館友の会 コンサート ヴァイオリンとヴァルターのフォルテピアノで贈るベートーヴェンの情熱

共演:原田 陽(ヴァイオリン)

L.v.ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ 第3番 変ホ長調 作品69、第5番 ヘ長調 作品24「春」、創作主題による32の変奏曲 ハ短調 WoO.80

○2月8日 横浜みなとみらいホール 小ホール

SCHUBERTIADE IN YOKOHAMA 清水 梢&小倉貴久子

共演:清水 梢(ソプラノ)、朝岡 聡(ナビゲーター)

F.シューベルト:「月に寄せて」「野ばら」「漁師の歌」「臨終を告げる鐘」「初めての喪失」「糸を紡ぐグレートヒェン」「春に」「あなたは憩い」「ガニュメート」「春の信仰」「さすらい人の夜の歌」「音楽の寄せて」、4つの即興曲 D899 全曲

○3月1日 インターネット・ライブ中継

第44回 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲説明会

小倉貴久子担当:ソロ部門 A2〜D級 クラシック部門

 

●4月18日 ピアノ音楽誌〈ショパン5月号〉

特集 不思議な魅力〈古楽器の世界〉

〈古楽器4種の神器〉「クラヴィコード」「チェンバロ」「タンゲンテンフリューゲル」「フォルテピアノ」、コラム「演奏家が語る古楽器の魅力〜フォルテピアノとの人生は喜びでいっぱい」、誌上レッスン:モーツァルト ピアノ・ソナタ イ長調 K.331 第3楽章〈トルコ行進曲〉の執筆

 

●4月25日 ソナチネ音楽帳◉古典派前期/古典派後期 出版

小倉貴久子編 解説付 New Edition 音楽之友社

 

●5月20日 ムジカノーヴァ6月号

今月の1曲 誌上講座2 演奏・指導法

古典派時代の演奏習慣やアーティキュレーションを知り、演奏に活かしましょう

 

●5月25日 音遊人 2020 Summer 偉大なる楽聖、ベートーヴェン(ヤマハミュージックジャパン)

「ピアノの進化とともに曲想を広げていったベートーヴェン」

アクション・音域の説明〜ボン時代〜ウィーン前期〜ウィーン中期〜ウィーン後期

 

●6月28日 NHKラジオ第1

〈音楽の泉〉「アルルの女」

小倉貴久子のCD《アルルの女》から〈アルルの女〉間奏曲「メヌエット」、〈ラインの歌〉から「夜明け」と「ボヘミア女」が放送されました。

☆7月8日 北とぴあ さくらホール

〈ショパンの愛したピアノたち〉ショパンをとりまくパリのサロン音楽(小倉貴久子と巡るクラシックの旅 vol.2)

共演:若松夏美・原田 陽(ヴァイオリン)、成田 寛(ヴィオラ)、島根朋史(チェロ)、西澤誠治(コントラバス)

R.シューマン:《謝肉祭》作品9より「ショパン」、J.N.フンメル:ハンガリー風ロンド 作品107-6、F.カルクブレンナー:ロマンスと華麗なロンド へ長調 作品96、F.リスト:《パガニーニ大練習曲集》より「ラ・カンパネラ」

F.ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66、ワルツ 変ニ長調 作品64-1「仔犬」、華麗なる大円舞曲 イ短調 作品34-2、ノクターン 変ホ長調 作品9-2、ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11〜ドイツ初版に基づく弦楽五重奏伴奏付き〜